東京バレエ学校における、2020年6月の子どものためのクラス「レッスン見学・体験会」は、新型コロナ感染防止の観点で中止とさせていただきます。

尚、7月次の「レッスン見学・体験会」開催の有無に関しては、6月25日以降にホームページにてご案内させていただきます。

宜しくお願いいたします。

                              東京バレエ学校事務局

新型コロナウイルス感染防止のため、長期にわたり休校とさせていただいておりましたが、緊急事態宣言の解除に伴い、6月よりレッスンを再開させていただきます。

ただし依然、首都圏は警戒状態であることから、6月中はクラス数を半減することを目標に、段階的に開講してまいりますので、ご理解のほどよろしくお願い申し上げます。

尚、各クラスの詳細のスケジュールにつきましては、一両日に改めて生徒専用サイトおよびメール配信にてご案内させていただきますので、ご確認のほどよろしくお願い申し上げます。

まだまだ予断を許さない状況でございますので、同時に新型コロナウイルスの感染防止策を発信させていただきます。

新型コロナウイルスの感染防止策につきましてはこちらをご覧ください。

今後も生徒の皆様の安全・安心を最優先に対応してまいりますので、何卒ご理解とご協力を賜りますようお願い申し上げます。

東京バレエ学校 事務局

生徒の皆さま 保護者の皆さま

まだまだ予断を許さない状況でございますので、下記、新型コロナウイルスの感染防止策

をご確認いただき、何卒ご協力をよろしくお願い申し上げます。

■教師、ピアニスト、受付スタッフの体調管理を徹底いたします。

教師、ピアニスト、受付スタッフは当日に検温し、体調に問題がないかを確認したうえでレッスンを行います。

教師、ピアニストはマスクを着用いたします。受付スタッフはマスク・手袋を着用いたします。

■赤外線サーモグラフィを設置いたします。

バレエ学校(新館1F)入口に赤外線サーモグラフィを設置いたします。

場合によっては生徒様にお声かけし、体温の計測等にご協力をお願いすることもございます。

また、検温の結果、ご受講をお断りすることがございますので、あらかじめご了承のほどお願いいたします。

■換気の強化につとめます。

レッスン中は換気モードを常にONの状態といたします。

レッスンとレッスンの間(10分間)に窓を開け、換気をさせていただきます。

夜のレッスン時は消灯して窓を開けさせていただきます。(虫予防の為)

■スタジオの清掃、消毒につとめます。

全レッスン入れ替え時に床とバーをアルコール消毒いたします。

全レッスン入れ替え時に除菌スプレーでスタジオ内を除菌いたします。

■更衣室使用人数を制限させていただきます。

更衣室使用人数を10名(プレクラス付き添い保護者含む)とさせていただき、入れ替えを行います。

更衣室の使用に関してはバレエ学校スタッフがご案内いたします。

入れ替え時に除菌スプレーで更衣室内を除菌いたします。

更衣室でのマスク着用をあわせてお願いいたします。本館地下更衣室の使用は禁止とさせていただきます。

■更衣室のドアを開放させていただきます。

ドアノブに触れないように更衣室のドアを開放し、カーテンで仕切らせていただきます。

■新館2Fギャラリーでの飲食を当面禁止とさせていただきます。

スタジオ内での水分補給は可といたします。

■ロビーの清掃・消毒を強化いたします。

各レッスンの前後に出入りの多いロビーの床清掃・消毒をいたします。

【生徒の皆さま・保護者の皆さまへのお願い】

■レッスン当日は検温の上、受講ください。

発熱、咳やくしゃみ、喉の痛み、身体のだるさなど風邪の恐れのある生徒様はレッスンをお控えください。

■「こまめな手洗い」と「消毒」をお願いいたします。

こまめな手洗い」にご協力をお願いいたします。

新館1F受付、各スタジオ入口に消毒液を設置いたします。

入館時、レッスン開始時、レッスン終了時に消毒をお願いいたします。

■行き帰りの公共交通機関を利用の際はご注意ください。

公共交通機関を利用する際はマスクを着用する、降車後は速やかに手を洗う、顔をできるだけ触れないなどの対応をお願いいたします。

■レッスンには時間の余裕をもってご参加ください。

遅刻の際は新館受付にお申し出の上、レッスンにご参加ください。

■当面の間、レッスン時にマスク着用をお願いいたします。

あわせてレッスン中の私語をお控えください。

■密集にならないよう、バレエ学校スタッフがご案内いたします。

レッスン前の待機場所、移動、荷物を置く場所をバレエ学校スタッフがご案内いたしますのでご協力ください。

■送迎の保護者の皆様のロビーへの入館を当面お控えいただきます。

お迎えお待ちの保護者の皆様は新館横中庭でお待ちいただきますようお願いいたします。

お待ちの間は近隣のお住いの方にご配慮いただきますようご協力をお願いいたします。

■送迎の保護者の皆様のマスク着用をお願いいたします。

マスクをお持ちでない方におかれましては、ハンカチやタオルをご持参いただき、まわりの方にご配慮いただきますようお願いいたします。

今後も生徒の皆様の安全・安心を最優先に対応してまいりますので、何卒ご理解とご協力を賜りますようお願い申し上げます。

東京バレエ学校 事務局

新型コロナウイルスの感染拡大防止の観点から東京バレエ学校におけるレッスンを5月31日(日)まで見合わせておりますが、6月1日(月)より東京バレエ学校のレッスンを再開いたします。

開講スケジュールは5月22日(金)に東京バレエ学校ホームページに投稿いたしました6月度レッスンスケジュールをご確認ください。

尚、密を避けるため、当面の間、レッスンの人数を制限させていただきます。

各レッスンとも先着15名様前後とし、レッスン開始時刻30分前より受付いたします。

まだまだ予断を許さない状況でございますので、新型コロナウイルスの感染防止策について、改めて下記の通りご案内申し上げます。

下記の注意事項をご確認いただき、何卒ご協力をよろしくお願い申し上げます。

■教師、ピアニスト、受付スタッフの体調管理を徹底いたします。

教師、ピアニスト、受付スタッフは当日に検温し、体調に問題がないかを確認したうえでレッスンを行います。

教師、ピアニストはマスクを着用いたします。受付スタッフはマスク・手袋を着用いたします。

■レッスン当日は検温の上、受講ください。

発熱、咳やくしゃみ、喉の痛み、身体のだるさなど風邪の恐れのある生徒様はレッスンをお控えください。

■行き帰りの公共交通機関を利用の際はご注意ください。

公共交通機関を利用する際はマスクを着用する、降車後は速やかに手を洗う、顔をできるだけ触れないなどの対応をお願いいたします。

■当面の間、レッスン時にマスク着用をお願いいたします。

あわせてレッスン中の私語をお控えください。

■赤外線サーモグラフィを設置いたします。

バレエ学校(新館1F)入口に赤外線サーモグラフィを設置いたします。

場合によっては生徒様にお声かけし、体温の計測等にご協力をお願いすることもございます。

また、検温の結果、ご受講をお断りすることがございますので、あらかじめご了承のほどお願いいたします。

■換気の強化につとめます。

レッスン中は換気モードを常にONの状態といたします。

レッスンとレッスンの間(10分間)に窓を開け、換気をさせていただきます。

夜のレッスン時は消灯して窓を開けさせていただきます。(虫予防の為)

■スタジオの清掃、消毒につとめます。

全レッスン入れ替え時に床とバーをアルコール消毒いたします。
全レッスン入れ替え時に除菌スプレーでスタジオ内を除菌いたします。

■「こまめな手洗い」と「消毒」をお願いいたします。

「こまめな手洗い」にご協力をお願いいたします。

新館1F受付、各スタジオ入口に消毒液を設置いたします。ご利用ください。

■更衣室使用人数を制限させていただきます。

更衣室使用人数を10名とさせていただき、入れ替えを行います。

入れ替え時に除菌スプレーで更衣室内を除菌いたします。

更衣室でのマスク着用をあわせてお願いいたします。

■更衣室のドアを開放させていただきます。

ドアノブに触れないように更衣室のドアを開放し、カーテンで仕切らせていただきます。

■新館2Fギャラリーでの飲食を当面禁止とさせていただきます。

スタジオ内での水分補給は可といたします。

■ロビーの清掃・消毒を強化いたします。

各レッスンの前後に出入りの多いロビーの床清掃・消毒をいたします。

■レッスンが終了いたしましたら、速やかに退出をお願いいたします。

レッスン終了後のスタジオでの談話はご遠慮くださいませ。

今後も生徒の皆様の安全・安心を最優先に対応してまいりますので、何卒ご理解とご協力を賜りますようお願い申し上げます。

東京バレエ学校 事務局

「大人のためのクラス」2020年6月のレッスン・教師スケジュールを更新いたしました。

<<2020.6~大人クラスのスケジュールはこちら.pdf

※ 2020年4月以降「大人クラス(中級)」の時間は以下のように変更になります。

 19:00-20:30⇒2020年4月以降・・・19:35-21:05

初回レッスンのご予約方法

レッスンの前日までに、

東京バレエ学校事務局 03-3791-7000(平日10:00-18:00)までお電話ください。


皆様のご参加を、講師一同心よりお待ち申し上げております!!

東京バレエ団の母体であるチャイコフスキー記念東京バレエ学校開校60周年記念公演として、本年8月に開催を予定しておりました「東京バレエ団・バレエ学校合同ガラ」は、新型コロナウィルスの感染拡大の影響を受け、公演開催を断念せざるをえなくなりました。

60周年という節目の年に、しかもバレエ学校の生徒たちがジョン・ノイマイヤー作品を初演するためのオーディションなど、昨年から準備を重ねてきただけに残念でなりません。この企画ができるだけ早い時期にあらためて実現できることを願っています。

本公演の開催にご期待くださっていた皆さまには大変申し訳なく、心よりお詫び申し上げます。引き続き、東京バレエ団・バレエ学校にご支援をたまわりたくお願い申し上げます。


2020年5月15日

東京バレエ団・東京バレエ学校

東京バレエ学校におけるレッスンを、47日(火)安倍首相からの「緊急事態宣言」受け止め、56日(水・祝)まで全クラス休校対応とさせていただいておりましたが、

531日(日)迄の「緊急事態宣言延長」を受け、生徒の皆様の安心・安全を最優先と考え、ウイルス拡散防止の観点から、レッスンにつきましては、更に当分の間見合わせていただきます。

尚、レッスン再開は、61日(月)を目途に考えておりますが、今後の状況を踏まえた上で、改めてメール配信システムと当校HPにてご案内させていただきます。

今後も情報収集に努めながら、生徒の皆様の安心・安全を最優先に対応してまいりますので、何卒、ご理解とご協力を賜りますよう、お願い申し上げます。

東京バレエ学校事務局

※東京バレエ学校は5月31日まで全クラス休校となりました※

「大人のためのクラス」2020年5月のレッスン・教師スケジュールを更新いたしました。

<<★2020.5月大人クラススケジュールはこちら

※ 2020年4月以降「大人クラス(中級)」の時間は以下のように変更になります。

 19:00-20:30⇒2020年4月以降・・・19:35-21:05

大人のためのクラス受講料はこちら

初回レッスンのご予約方法★

東京バレエ学校事務局 03-3791-7000(平日10:00-18:00)までお電話ください。

皆様のご参加を、講師一同心よりお待ち申し上げております!!

【東京バレエ学校生徒の皆様・保護者の皆様へ】

東京バレエ学校は、東京バレエ団付属としてバレエ界に優秀な人材を送り出すこと、それだけで

なく「総合芸術」であるバレエを通じて子どもたちの情操を育み、生徒一人ひとりの人格形成の

一助となることを使命と考え活動してまいりました。

日頃から熱心にレッスンに励んでいる生徒の皆様、そしてご子息・ご息女をお支えいただいている

保護者の皆様へ感謝申し上げます。

世界中がこの未曽有のウイルスと闘っている中で、我々に何ができるか、どうするべきか、日々

模索し続けてまいりました。

しかしながら感染者数は増加を続けており、安倍首相からの緊急事態宣言が発せられる中で、苦渋

の決断ではありますが、生徒の皆様の安心・安全を最優先との考えから、5月6日(水・祝)まで

全クラス休校延長とする判断に至りました。

日々、笑顔でレッスンに通ってくる生徒たちのことを思うと、胸が締め付けられる辛い気持ちに

なりますが、また元気に再開できる日を心待ちにしています。

私自身、この国難とも言える状況の中で、決して怯むことなく一歩一歩活動を続けて行くことが、

未来へ羽ばたく子どもたちへの義務だと思っています。

皆様と笑顔で会える日を楽しみに待ちたいと思います。

東京バレエ団団長 東京バレエ学校校長

飯田 宗孝

2020年4月16日

大人のためのクラスに通っていただいている生徒の皆様

東京バレエ学校の休校、また社会全体で外出自粛が続く中、いつもレッスンに通っていただいている皆様がご自宅でもバレエと向き合う時間を作ることができるよう、レッスン動画の配信を予定しております。

動画配信は個別にメールにてお知らせさせていただきますので、お手数ですが下記フォームよりお名前、メールアドレスをご登録いただきますようお願い申し上げます。

※登録期間:4/15(水)~4/21(火)※登録は締め切りました

ご不明点がございましたら school@nbs.or.jp までご連絡ください。

どうぞよろしくお願いいたします。

この度は東京バレエ学校2020年度Sクラスオーディションに、全国各地より多数の応募をいただきありがとうございました。

4月19日に開催を予定しておりましたが、日々の感染症の拡大、緊急事態宣言を受け、残念ながらオーディションは取りやめとさせていただきます。
日程を2度延期させていただきながらも開催へ尽力してまいりましたが、現状、十分な練習環境を得られない方も見込まれ、先の見えない状況の中、近日中の開催は難しいとの判断に至りました。

しかし、東京バレエ学校としては、受験生皆さまの意欲を大切にしたいとの思いから、8月22、23日に今回の受験申込者全員を対象とし、Sクラス講師陣による講習会を開催することを決定いたしました。
スケジュール等詳細は後日ご案内させていただきます。

不確定要素の多い状況が続くため、2020年度Sクラスの開講方式につきましては、改めてご案内させていただきます。何卒ご理解賜りますようお願い申し上げます。

尚、受験お申込みいただきました皆様へは、事務局より別途お知らせをさせていただきます。

info.school@nbs.or.jp を受信可能設定の上、ご確認いただきますようお願い申し上げます。

 

以下、Sクラス講師 東京バレエ団ミストレス 佐野志織より皆様へのメッセージをお伝えします。

  

バレエを愛し、プロのダンサーになりたいと願っている全国の皆さんへ

今回はSクラスのオーディションを開催することが出来ず、残念に、そして申し訳なく思っています。
Sクラスを受講したいという熱意溢れる皆さんの声にお応えしたく、事態の収束が見込めそうな夏以降に、Sクラスを体験出来るような講習会を催したいと考えています。

今は思うようにレッスンする事が出来ず、歯がゆく思っている方も多いと思います。
ストレッチや筋力トレーニングも大切ですが、このような時だからこそ普段取り組めなかった事にも目を向けていただきたいです。

読書をし、歴史や社会について学び、人々の関わりや心の機微を感じ、音楽を聞いたり、空を見上げて雲の流れや星々の煌めきに身や心をゆだねたりして、想像力や感受性を磨いてみてはどうでしょうか。
この時期に養った人間性や知識、教養の豊かさが、その後のバレエ人生や人生そのものを輝かせてくれることを願っています。
講習会で、皆さんと笑顔で一緒にレッスン出来るのを楽しみにしています。

佐野志織

新型コロナウイルス感染防止に伴い、スタッフの安心・安全の観点から当面の間、東京バレエ学校事務局スタッフの出勤を見合わせていただきます。

それにより4月7日(火)より当面の間、電話でのお問い合わせ受付を休止いたしますので、ご質問などございましたら、メール(school@nbs.or.jp)にてご連絡いただきますようお願い申し上げます。

東京バレエ学校事務局よりメールもしくは電話にて回答させていただきます。

電話での回答を希望される場合は、ご都合の良い日時をお知らせいただければ幸いです。

ご不便をおかけいたしますが、何卒ご理解とご了承を賜りますよう、お願い申しあげます。

東京バレエ学校 事務局

東京バレエ学校におけるレッスンを、3月23日(月)より再開しておりましたが、
昨夜の東京都小池知事の会見を重く受け止め、東京バレエ学校事務局といたし
ましては、生徒の皆様の安心・安全を最優先と考え、ウイルス感染防止の観点
から、レッスンにつきましては、しばらく見合わせていただきます。

明日3月27日(金)~4月3日(金)まで全クラス休校とさせていただきます。
尚、レッスン再開は、4月4日(土)を目途に考えておりますが、
今後の状況を踏まえた上で、改めてメール配信システムと当校HPにて
ご案内させていただきます。

今後も情報収集に努めながら、生徒の皆様の安心・安全を最優先に対応して
まいりますので、何卒、ご理解とご協力を賜りますよう、お願い申し上げます。

東京バレエ学校事務局

329日(日)に開催予定となっておりましたSクラスオーディションですが、参加者の皆様の安全を考え、419日(日)に再度、延期とさせていただきます。

尚、スケジュールは再度ご案内させていただきます。

また、オーディション延期に伴い、2020年度Sクラスは20205月からの開講とさせていただきます。

受験お申込みいただきました皆様へは、事務局より別途お知らせをさせていただきます。

info.school@nbs.or.jp

を受信可能設定の上、ご確認いただきますようお願い申し上げます。

                           東京バレエ学校事務局

2020年4月~、下記のクラスの時間が都合により変更となります。

〈該当クラス〉毎週(木)19:00~20:30 大人中級クラス

↓以下に変更となります。

〈開講日時〉毎週(木)19:35~21:05 大人中級クラス

急な変更となってしまいますが、ご理解賜りますようお願い申し上げます。

東京バレエ学校生徒の皆様

新型コロナウィルスの感染拡大防止の観点から東京バレエ学校におけるレッスンを

見合わせておりましたが、323日(月)より東京バレエ学校レッスンを再開いたします。

新型コロナウィルスの感染防止策について下記の通りご案内いたします。

下記の注意事項をご確認いただき、何卒ご協力をよろしくお願いいたします。

■教師、ピアニスト、受付スタッフの体調管理を徹底いたします。

教師、ピアニスト、受付スタッフは当日に検温し、体調に問題がないか確認したうえでレッスンを行います。

受付スタッフはマスクを着用いたします。教師、ピアニストに関してもマスク着用の場合がございます。

ご了承ください。

■レッスン当日は検温の上、受講ください。

発熱(37.5度以上)、咳やくしゃみ、喉の痛み、身体のだるさなど風邪の恐れのある生徒さんはレッスンをお控えください。

■赤外線サーモグラフィを設置いたします。

3月中は、検温のため、入口に赤外線サーモグラフィを設置させていただきます。
場合によっては生徒様にお声がけさせていただき、体温の計測等にご協力をお願いすることもございます。また、検温の結果、ご受講をお断りすることがありますので、あらかじめご了承のほどお願い申し上げます。

■換気の強化につとめます。

レッスンとレッスンの間(10分間)に窓を開け、換気をさせていただきます。レッスン中は換気モードを常にONの状態といたします。暖房の効果を損なうことになりますが、ご了承ください。

■清掃、消毒につとめます。

通常の床清掃に加え、床でのレッスンが多いプレⅠ、プレⅡ、ボーイズプレのレッスン前後に床清掃をいたします。全レッスン前後にバーのアルコール消毒をいたします。

■「こまめな手洗い」と消毒をお願いいたします。

「こまめな手洗い」にご協力をお願いいたします。新館1F受付、各スタジオ入口に消毒薬を設置いたします。ご利用ください。

■更衣室の入れ替えを行います。

状況により、更衣室の入れ替えを行い、可能な限り生徒同士の接触を防ぐようにいたします。

■新館2Fギャラリーでの飲食を当面禁止とさせていただきます。

スタジオ内での水分補給は可といたします。

■お出迎えの保護者様のマスク着用をお願いいたします。

マスクをお持ちでない方におかれましては、ハンカチやタオルをご持参いただき、まわりの方にご配慮いただきますようお願い申し上げます。

今後も生徒の皆様の安全を最優先に対応してまいりますので、何卒、ご理解とご協力を賜りますよう、お願い申し上げます。

東京バレエ学校事務局


夢をかなえるための、第一歩。オーディション開催!

2020年4月からの新規生募集 (2020年4月〜2021年3月 募集は年1回)


プロのダンサーを育成するための完全オーディション制クラス

プロのダンサーを育成する完全オーディション制のSクラスの新規生を募集いたします。
全国各地から集まる同世代の生徒同士で切磋琢磨し、バレエの技術・表現力を高め、ダンサーとして羽ばたくための力を身に付けていきます。
東京バレエ団附属ならではの特性を活かし、海外からのゲスト教師を招いての講習会や日頃の成果を発表する場を設けるなど、通常のレッスンのほかにもさまざまな学びの機会をもっています。プロのダンサーを志す皆さんのお申し込みを、お待ちしています。
また、2020年は東京バレエ団の母体である東京バレエ学校の創設60周年を迎えることを記念し、60周年記念公演を上演いたします(8月上旬/東京文化会館)。この東京バレエ団と東京バレエ学校(選抜生徒)の合同公演に、Sクラスの方にもご出演いただく可能性がございます。

【エキストラ出演】

東京バレエ団、また海外の一流カンパニーの日本公演にエキストラとして出演のチャンスがあります。世界トップクラスのダンサーと同じ舞台に立つチャンスです!

※エキストラ出演にあたり、参加費・チケットノルマなどの負担は一切ありません。


【ガールズ・SⅡクラス Aコース】

対象年齢(2020年4月時点)
小学5年〜中学1年 女子
開講日:日曜日/月2回/11:00~12:45

【ガールズ・SⅠクラス Aコース】

対象年齢(2019年4月時点)
中学2年〜高校3年 女子
開講日:日曜日/月2回/13:00~15:00

【ガールズ・SⅡクラス Bコース】

対象年齢(2020年4月時点)
小学5年~中学1年 女子
開講日:日曜日/月1回/11:00~12:45

【ガールズ・SⅠクラス Bコース】

対象年齢(2020年4月時点)
中学2年〜高校3年 女子
開講日:日曜日/月1回/13:00~15:00

【ボーイズ・Sクラス】

対象年齢(2020年4月時点)
小学5年〜高校3年 男子
開講日:日曜日/月1回/13:00~15:00

【コンテンポラリークラス】

ガールズSクラス、ボーイズSクラス受講者全員参加
開講日:通常クラスの時間に続けて開講
クラスⅡ(ガールズSⅡ) 13:00~14:30
クラスⅠ(ガールズSⅠ、ボーイズS) 15:10~16:40

講師
佐野志織
(東京バレエ団バレエ・ミストレス)
木村和夫
(東京バレエ団バレエ・スタッフ)
服部彩子
(東京バレエ学校教師)
山岸ゆかり
(東京バレエ学校教師)
ブラウリオ・アルバレス
(東京バレエ団ソリスト)
【ゲスト教師】
 秋元康臣
(東京バレエ団
 プリンシパル)
月謝・入学金(税込)

ガールズ・SクラスAコース:¥17,000 / 1ヶ月 
ガールズ・SクラスBコース:¥8,000 / 1ヶ月
ボーイズ・Sクラス:¥10,000 / 1ヶ月
入学金:¥25,000

※ 60周年記念公演に出演される場合は、別途参加費が必要となります。

オーディション日程

2020年3月1日(日)


<ガールズ・SⅡ>11:00~12:30
<ガールズ・SⅠ / ボーイズ・S>14:00~15:30
会   場 東京バレエ団 スタジオ
お申込期間 2020年1月15日(水)~2月25日(火)
オーディション料 10,000円(税込)

※お申し込み後、開講スケジュール等の詳細をご連絡致します。
※Sクラスオーディションに際して、所属団体(教室・スタジオ)の代表者の承認を必ず得てください。

お申し込み方法


下記のお申込みフォームよりお申込みください。

▶▶ Sクラスオーディションお申込みフォーム

お申込の流れは、こちらをご確認ください。>> Sクラスオーディション 申込の流れ.pdf

[出演実績]

公演年月 演目
2017年2月 東京バレエ団<ウィンター・ガラ>「ボレロ」(ボーイズ・Sクラス)
2017年4月 東京バレエ団「ドン・キホーテの夢」(ガールズ・Sクラス、ボーイズ・Sクラス)
2017年6月 東京バレエ団「ラ・バヤデール」(ボーイズ・Sクラス)
2018年6月 東京バレエ団「白鳥の湖」(ガールズ・Sクラス、ボーイズ・Sクラス)
2018年7・8月 世界バレエフェスティバル 全幕特別プロ「ドン・キホーテ」/東京バレエ団「ドン・キホーテの夢」(ガールズ・Sクラス、ボーイズ・Sクラス)
2018年11月 シュツットガルト・バレエ団日本公演「オネーギン」(ボーイズ・Sクラス)
2018年12月 東京バレエ団「ザ・カブキ」(ボーイズ・Sクラス)
2019年3月 東京バレエ団「海賊」(ガールズ・Sクラス)
2019年4月 東京バレエ団 ブルメイステル版「白鳥の湖」(ボーイズ・Sクラス)
2019年6月 東京バレエ団 第34次海外公演(ボーイズ・Sクラス)
2019年8月 東京バレエ団「ドン・キホーテの夢」(ガールズ・Sクラス)
2019年9月 英国ロイヤル・オペラ(ボーイズ・Sクラス)
2019年11月 東京バレエ団 札幌公演「ボレロ」(ボーイズ・Sクラス)
2019年12月 東京バレエ団 「くるみ割り人形」(ボーイズ・Sクラス)

お問い合わせ

東京バレエ学校事務局
【電 話】03-3791-7000(平日10:00〜18:00)
【メール】school@nbs.or.jp

※オーディション申込システムに関する問い合わせは、下記へお願いします。
【メール】info.school@nbs.or.jp

東京バレエ学校事務局

【所在地】東京都目黒区目黒4-26-4
【最寄駅】JR山手線・東京メトロ南北線「目黒駅」
     東急東横線「祐天寺駅」および「学芸大学駅」
【東京バレエ学校HP】https://thetokyoballetschool.com/
【東京バレエ学校公式twitter】@TK_BalletSchool

東京バレエ学校事務局 年末年始休業のお知らせ

東京バレエ学校事務局は、下記のとおり年末年始休業とさせていただきます。


【バレエ学校事務局休業期間】2019年12月27日(金)~2020年1月5日(日)


新年は、1月6日(月)10:00から通常営業いたします。

2020年も皆さま方にとりまして幸多き年となりますよう祈念いたしております。

2020年1月~、下記のクラスの時間が都合により変更となります。


〈該当クラス〉毎週(土)11:00~12:30 大人初級クラス

↓以下に変更となります。

〈開講日時〉毎週(土)10:00~11:30 大人初級クラス


急な変更となってしまいますが、ご理解賜りますようお願い申し上げます。

なお、1月のクラススケジュールも近日中に掲載いたしますので、今しばらくお待ちください。

 

昨年(2018年)11月中旬から年末まで1カ月半、東京でのワークショップに参加し、ブラウリオ・アルバレス(東京バレエ団ソリスト、東京バレエ学校コンテンポラリー・クラス担当教師)による新作の振付指導を受けていた東京バレエ学校の有志の生徒たち。アシスタントの許山麻有(東京バレエ学校教師)からも細かな注意を受けながら、さまざまなことを学び、感じつつ、新作に向き合う充実の日々を過ごしました。
年明け早々に再開したワークショップでは、13〜15歳のグループ、16〜18歳のグループともに、急ピッチで仕上げのリハーサルを進め、2月初旬、皆でウィーンに渡航します。


ウィーンでの体験

ヨーロピアン・バレエ・グランプリの会場となったのは、ウィーン市の北部にあるムート(MuTh)という、2012年にできた比較的新しいホール。ウィーン少年合唱団の宿舎があるアウガルテン宮殿の敷地内にあり、彼らの演奏会の場として親しまれているそう。そのほか、ウィーンのバレエ学校、ダンス・アーツのスタジオでもワークショップが行われたり、リハーサルをしたりしていました。「ウィーンは歴史的な街で美しくて、ヨーロッパの雰囲気を肌で感じることができました」(中1・男)と、皆、その街並みに心を動かされたようです。


0207Muth会場前.jpg

本番当日、会場の前での集合写真


ウィーンに到着した翌日から、ダンス・アーツでのワークショップに皆で参加。クラシック、コンテンポラリーの両クラスともに、生徒たちにとって貴重な体験になりました。


「コンテンポラリーでは表現の仕方や、全身を大きくつかうことを学びました。もっと型にはまらずに自由に体をつかえるようになりたいと思いました」(中1・女)

「細かいところまで気を遣うことができるという、日本人の良いところもわかり、自信につながった」(中1・女)

「クラシックのクラスは、東京バレエ学校のレベルとあまり変わらないように感じました。コンテンポラリーでは、やったことのない動きが多く、学ぶことがたくさんありました」(中1・男)


海外の指導者のアドバイスはもちろん、海外の同世代の生徒たちのレベル、取り組み方に触れるとともに、東京バレエ学校でのレッスンの積み重ねの大切さにも気づかされたようです。


「海外からの参加者に刺激を受けました。基礎はもちろんのこと、華やかさ、存在感を強く感じ、私のモチベーションも上がりました」(高2・女)

「コンテンポラリーのクラスでは、クラシックとコンテンポラリーには共通点が多くあることを知り、とても勉強になりました」(高1・女)


翌6日のレッスンはリハーサルに費やされ、7日にいよいよ本番、コンペティション予選です。東京バレエ学校からは、ティーンズ(13〜15歳)とジュニア(16〜18歳)の2グループがコンテンポラリー・グループ部門に出場し、2組とも予選を通過。さらに、8日のファイナルでも無事に演技を終え、2組とも第3位入賞という結果となりました。


本番を終えて

長時間のフライトの疲れや過密スケジュールで、直前のリハーサルでは皆、本調子ではなかったようですが、しっかり栄養を摂ってゆっくり休息をとり、予選・ファイナルともに満足のいく演技ができたそう。
ティーンズのメンバーたちに現地での感想を聞いてみると──。


「日本のコンクールと違い、アットホームな印象を受けました。日本人のスタッフの方に助けていただいたことが多く、語学力がいかに必要かということを実感しました」(中1・女)

「踊りに少しずつ感情を入れられるようになると、完成度が上がり、ファイナルではとても気持ちよく踊れて最高でした」(中1・女)

「緊張しましたが、楽しくて、もっと踊っていたいと思いました」(中1・女)


0208本番前.jpg

ティーンズの作品『Ants』


ジュニアのメンバーたちも、本番の感想をこう述べています。


「日本のコンクールとは空気感が違いました。素晴らしい技を持つ人がいれば、皆がいい意味で注目をし、一人ひとりが『自分を見て!』というオーラを放ち、お互いを高め合っているような空気感でした」(高1・女)

「上位入賞者の人ほど謙虚、配慮ある行動をとっていて、熱量をすごく感じました。いまの自分に足りないものが多々見えるようになりました」(高2・女)


0207本番終了後.jpg

こちらはジュニアの作品『She's a Rebel』


コンテンポラリーの新作に取り組んだことも、彼らの大きな自信になったようです。


「振付がすばらしかったので、楽しんで踊ることができました。グループで、他の皆と合わせることの大切さも学びました」(中1・男)

「『このアンサンブルがうまくいくためには、まずは自分自身のために踊ることが必要』とブラウリオ先生が教えてくださり、作品を踊ってそれを実感することができました」(高1・女)

「『She's a Rebel』は、明るい曲で振りも面白い作品でしたが、無音で踊る部分もあって、とても大変でした。自分たちで動画を撮って、カウントをしっかり決めて合わせるようにしたり、練習の前には早めに集まって話し合ったりもしました。この作品を踊ってとても楽しかったのはもちろん、グループで合わせて踊る大変さをあらためて実感しました」(高1・女)

「こんな動きがあるのか!? と感じながらも、練習を重ねればできるようになる。そのプロセスが自信につながりました」(高3・男)


皆それぞれに、いろいろなことを感じ、考えるチャンスを得た貴重な体験となったようです。


  • 1
  • 2