海外研修制度

2017年3月14日

海外研修生だより【5】ワガノワ伝統の舞台、『くるみ割り人形』に出演

ワガノワ・バレエ・アカデミー伝統の舞台へ
 3名の海外研修生が学ぶワガノワ・バレエ・アカデミーの生徒たちは、学校公演やプロの舞台への出演など、劇場で踊る機会がたびたび与えられます。
 なかでももっとも注目されているのが、毎年12月と1月に行われる『くるみ割り人形』の公演。アカデミーがもっとも活気づくこの時期の、研修生たちの取り組みをご紹介します。

 研修生活2年目の南江祐生から「今週から『くるみ割り人形』のリハーサルが始まりました」と便りがあったのは、11月中旬のこと。
「昨年と同じく、花のワルツのリハーサルに参加しています。今年も公演に参加できるよう、しっかり頑張ります」と前向きです。この週のレポートでは、「ミハイロフスキー劇場で『ラ・シルフィード』(ブルノンヴィル版)を観ました。全幕で観たのは初めてでしたが、アクトのクラスで『ラ・シルフィード』のマイムを勉強しているので、学ぶことがたくさんあり、とてもよかったです」と、積極的に学ぶ様子を伝えてきました。


さまざまな課題に向き合って

『くるみ割り人形』の公演は、12月に3回、1月に2回が予定され、出演者はすべてオーディションで選ばれます。生徒たちにとってソリスト役での出演は大きな目標。また5月には留学生によるコンサートも予定されているとのこと。研修生たちは、慣れないロシアでの生活や、体調の問題にも向き合いながら、次々と大きな目標に対峙しています。

『くるみ割り人形』の出演候補者たちは、それぞれの役のリハーサルに参加し、その後オーディションにのぞみます。中国の踊り、花のワルツ、ねずみ役のリハーサルに参加中の山下湧吾からは、「それぞれたくさん課題はあるのですが、頑張ってやっています。これだけの機会をもらえたことに感謝して取り組む毎日です。3人ともそれぞれ、やらなければならないことを必死に頑張っています」との報告が。

 山下から送られた11月中旬のサンクトペテルブルクの写真は、雪景色。「早速滑って転びました」と、厳しい寒さをむしろ楽しみながら過ごしているようです。

20170312-01.jpg

20170312-02.jpg

11月上旬のアカデミーの中庭。サラサラとした雪に足をとられることもしばしばという。山下湧吾撮影

 ソリスト役で舞台に立つという目標を掲げ、リハーサルに励んできた山下湧吾。11月下旬のオーディションでは、残念ながらソリスト役を掴むことができなかったそう。「自分はまだまだと実感させられました辛いことも悔しいこともありましたが、すべて自分の成長につながると信じて頑張ります」との報告。その後、ねずみと花のワルツでの出演が決定し、初日直前にはこんなメールが。
「昨日、マリインスキー劇場で公開リハを終えて、明日初日です。ハプニングもありましたが、この日を迎えられてとても嬉しいです。花のワルツ、ねずみとも、第一キャストで出演させてもらえることになりました。マリインスキー劇場で踊ること、ワガノワの公演に参加できることに感謝し、精一杯役をまっとうしたいです」

 

憧れの舞台に立って

『くるみ割り人形』には花のワルツでの出演がきまったという南江祐生。「今週は12月1日と6日にエルミタージュ劇場で『人形の精』を上演、ワルツで参加しています。来週からマリンスキー劇場での『くるみ割り人形』のリハーサルが始まります。公演日によっては3人が同じ舞台に立てる日もあるかもしれません」と知らせてきました。リハーサルでは緊張しがちというけれど、「マリインスキー劇場にアカデミーの生徒として立てることがとても嬉しく、感謝の気持ちでいっぱいです」と、謙虚に、また積極的にリハーサルに取り組んでいたようです。

20170312-03.jpg

マリインスキー劇場でのリハーサルより。

 12月の初日の舞台に南江祐生は花のワルツで出演、「舞台の上で、とても充実した時間を過ごすことができました」と、嬉しさいっぱいの報告がありました。
 紅一点の吉江絵璃奈は、オーディションで中国の踊りの役を勝ち取り、本番にのぞんだそう。その後、「初日に踊れて本当に嬉しかった。あの舞台で踊れたことは一生の思い出」とのレポートが届きました。1月の最終公演でも中国の踊りを任され、感激もひとしお。「中国の踊りは、幕が開いたとき、いちばん前に座っている役なので、照明がついた瞬間は本当に感動します。最終日は、日本人のパートナーと一緒に踊りました。音が速くて少し焦ったりもしましたが、なんとか踊りきることができました。 5月には留学生によるコンサートが行われるのですが、そのための練習も始まっています。これからまた忙しくなるかと思いますが、怪我に気をつけて頑張ります」


 ワガノワ伝統の舞台を経験した研修生たち。ひとまわりもふた回りも大きくなり、さらなる課題に取り組みます。 

20170312-04.jpg

『くるみ割り人形』の舞台に、3人一緒に出演!