opクラス.jpg

2017年2月からスタートしましたプロフェッショナルクラスはプロを目指す方、プロの方におすすめのクラスです。

9月の開講日は下記になります。

≪詳細≫

■日 時  2017年9月16日(土) 11:00 -12:30

          9月30日(土)11:00 -12:30

       ※9月は2回開講致します。

■会 場  東京バレエ学校 新館(目黒区目黒4-25-4)

       ※スタジオは本館のスタジオになりますので、着替えた後移動して頂きます。

■レベル  プロフェッショナル

■受講料  3,000円(税込) 

       ※当日受付にてお支払い下さい。

       ※プレオープンの為、入会金は不要です。

■講 師  森田雅順(東京バレエ団教師)

※生ピアノによるレッスンです。

■受講方法 下記までメールにてお申込みください。

 メール送信先:school@nbs.or.jp

お申込みの際は件名を9月16日ご参加の場合は「0916オープンクラス 申し込み」として頂き、

9月30日ご参加の場合は「0930オープンクラス 申し込み」として頂き、下記項目をお知らせください。

①お名前(ふりがな)、 ②電話番号、 ③年齢、 ④バレエ歴

※受付後、一週間以内にこちらから返信をさせて頂きます。

 返信メールをもって受付完了となります。

※当日急遽ご参加頂くことも可能です。

■お問合せ

 東京バレエ学校事務局 TEL:03-3791-7000(平日10:00-18:00)

「大人のためのクラス」2017年9月のレッスン・教師スケジュールが決定いたしました♪

皆様のご参加を、講師一同心よりお待ち申し上げております!!

9月のレッスンスケジュールはこちら>>

※都合により教師・時間が変更となっております。

先月に引き続き臨時クラスにて土曜日の初中級クラスの後にオプションでポワント入門クラスを行います!

初めてポワントを履く方、基礎からポワントを学び直したい方にお勧めのクラスです。

日時:9/2(土)、9/16(土)、9/23(土)、9/30(土) 18:00~18:30

 ※対象:大人初中級クラスをご参加頂いた方のみ受講可能です。

 ※受講料:¥500(税込、受付で現金でお支払ください。)

★初回のご予約は 東京バレエ学校事務局 TEL:03-3791-7000(平日10:00-18:00)まで

2017年9月のレッスン見学可能日を下記のとおりご案内申し上げます。

レッスン見学をご希望の方は、ご希望日の前日までにお電話(TEL:03-3791-7000)にてお申込みください。

ご見学後、入校をご希望される方は当校規定の「入校申込書」を入校希望月の前月の20日までに

ご提出ください (FAX、郵送でも承ります)。

・ご入校は10月からのご案内となります。 予めご了承ください。

・9月3日(日)にプレⅡ(3~6歳)、クラス1~3(小学校1~3年)の体験レッスンを行います。

 合わせてご検討ください。

・定員に達した場合は、ご希望のコースに入校できない場合がございます。

 

クラスの詳細はこちらからご確認ください>>2017年度クラス編成

見学のお申込みは TEL:03-3791-7000(平日10:00-18:00)

【9月】 レッスン見学可能日

プレクラスⅡ

11(月)、12(火)、14(木)、15(金)、16(土)

クラス1

【必修コース】11(月)、12(火)、14(木)、16(土)

【選択コース】15(金)

クラス 2

【Aコース】12(火)、14(木)

【Bコース】13(水)、15(金)

クラス2・3合同クラス

【選択コース】16(土)

クラス3

【Aコース】11(月)、13(水)

【Cコース】11(月)、13(水)

【選択コース】 15(金)

クラス4

【Aコース】 12(火)、14(木)

【選択コース】15(金)、16(土)

※クラス4の必修コースはAコースのみのご案内です。

クラス5

【必修コース】13(水)、16(土)

【選択コース】11(月)

クラス6

【Aコース】12(火)、14(木)

【Bコース】13(水)、15(金)

【選択コース】 16(土)

ボーイズプレクラス

16(土)

少年科Ⅱ

11(月)、13(水)、16(土)

少年科Ⅰ

【必修コース】11(月)、15(金)

【選択コース】 16(土)

9/3(日)開催予定の体験イベントに、小学1~3年のクラスも追加で行うこととなりました。

これからご入校を検討されている方を対象とした特別クラスにて体験レッスンです。
通常は体験レッスンを行っていないので、この機会に是非ご参加ください!

<9月3日(日)開催>

・第1回目 男の子&女の子  時間10:30~11:30 対象:3才~6才まで
・第2回目 男の子&女の子  時間12:00~13:00 対象:3才~6才まで
  ⇒ 3才~6才の方を対象とした回は、定員に達しました。

★追加★
・第3回目 男の子&女の子  時間13:30~14:30 対象:小学1~3年生

■会場
東京バレエ学校 新館(目黒区目黒4-25-4)

■持ち物
運動が出来る服装、タオル、お水、バレエシューズ(お持ちでなければ厚手の靴下)

■参加料
¥1,000(税込)

■お申込み方法
下記までメールにてお申込みください。
メールアドレス: school@nbs.or.jp

お申込みの際は件名を「体験申し込み」としていただき、 下記の項目をお知らせください。
 ①お名前(ふりがな)  ②希望時間  ③年齢   ④性別 
 ⑤バレエ歴 ⑥電話番号  ⑦ご住所  

お申し込み後、7日以内に返信のメールをお送りいたします。

※お申込み締切は、9月2日(土)までです。 
※定員になり次第締め切らせて頂きます。
※体験イベントは40分間のレッスンと約20分間の説明および質疑応答で約1時間程度です。
※館内へは20分前からお入り頂けます。

■お問い合わせ
東京バレエ学校事務局 TEL:03-3791-7000(平日10:00-18:00)

8/16、17に開催致します、めぐろパーシモンホールで行われる東京バレエ学校「スクールパフォーマンス」の演目が

最終的に下記の通り決まりました。

ご来場の際は下記お願い事項をご確認の上、お越し下さいますようお願い申し上げます。


<ご覧頂く方へのお願い>

・出演者への花束、贈り物等は会場への郵送を含めてご遠慮頂いております。

 また、お預かりや客席内へのお持ち込みもご遠慮頂いておりますので予めご了承ください。

・遅れてご来場された場合はお立見でのご案内となります。

・お客様の楽屋への入室、ご出演者との面会はご遠慮頂いております。


8月16日(水) 会場16:30

第一部 17:00~18:00 (上演時間60分、休憩なし)

プレクラス1 『パリの喜び』

クラス1・ボーイプレ 『レ・プティ・リアン』

クラス2

クラス7・8『ラ・バヤデール』

『フィナーレ』



8月17日(木) 開場16:00

第二部 16:30~18:30 (上演時間120分、休憩10分)

少年科Ⅰ 『楽しいレッスン』

留学生作品 『眠れる森の美女』第3幕より

クラス4・5 『シンデレラ』

クラス7・8 『ラ・バヤデール』

       休憩

クラス3・少年科Ⅱ 『ドニゼッティ組曲』

クラス6・7・少年科Ⅰ 『卒業記念舞踏会』

クラス8 『MY VOICE』(コンテンポラリー作品)

留学生作品 『ヴェニスの謝肉祭』("サタネラ"パ・ド・ドゥ)」

『フィナーレ』

シェフチェンコ記念 ウクライナ国立オペラ・バレエ劇場(キエフ・バレエ団)リーディング・ソリストの

田北志のぶ氏のプロを目指す方向けの講習会が決定しました。

現在は東京バレエ団及び東京バレエ学校の教師としても活躍しており、さらにバレエのプロデュース公演を行うなど、

多岐に渡る活躍をしている田北志のぶ氏から直接学べるチャンスです!


<教師紹介>

田北志のぶ 講習会.jpg

田北 志のぶ(Shinobu Takita)

シェフチェンコ記念 ウクライナ国立オペラ・バレエ劇場(キエフ・バレエ団)リーディング・ソリスト
ウクライナ功労芸術家
サカモト・ミュージック・スクールにて本田世津子に師事。東京のロシア・バレエ・インスティテュート在学中だった16歳の時、教師として来日したアラ・ラーゴダ女史の目に留まり、1ヶ月半の研修を得てキエフにて『ジゼル』全幕デビュー。その後モスクワ国立バレエ学校(ボリショイ・バレエ学校)に留学。同校卒業後、1993年にウクライナ国立オペラ・バレエ劇場(キエフ・バレエ団)に入団、ソリストに抜擢される。2008年、ロシア国立舞踊大学院バレエ・マスター及び教師科卒業。20年以上にわたりキエフ・バレエ団のリーディング・ソリストとして『白鳥の湖』『眠れる森の美女』『ジゼル』をはじめ、数々の主要作品に主演。2016年に同バレエ団を退団し、活動の拠点を日本に移す。2017年4月より東京バレエ団および東京バレエ学校教師。 コンクールでの受賞歴の他、2006年にはウクライナ政府よりウクライナ功労芸術家、2008年には文化功労章を授与された。


<日時>

8月22日(火) 18:00~19:30


<対象>

高校生以上のプロを目指す方、プロの方


<参加費>

¥3,000(税込)


<場所>

東京バレエ学校 新館 (東京都目黒区目黒4-26-4)

http://thetokyoballetschool.com/school/access/access.html


<申込方法>

メールでのお申込みのみとなります。

メールアドレス: school@nbs.or.jp

件名を『田北志のぶ 講習会申込み』 としていただき、下記項目をお知らせください。

①お名前 ②電話番号 ③年齢(学年) ⑥バレエ歴 ⑦所属団体

 

※お申込み後7日以内にお支払方法等詳細のご連絡を致します。

※定員になり次第受付を終了致します。

8月に小池ミモザ氏(モンテカルロ・バレエ団プリンシパル)の特別講習会を開催致します。

対象の方ならどなたでも参加できますので、この機会にふるってご応募ください。


<教師>

ミモザ.jpg


<講習会の説明> 

ミモザさんご自身の経験からも、どんな作品を踊る際もとても大事だと考えるのが「想像力」。若いダンサーのイマジネーションを引き出し、新たな目線で体を動かすことを体験する特別講習会です。


<日程>

8月23日(水)、24日(木) 2日間 (1日のみの参加は不可です)


<時間・対象>

16:00~17:30 男女合同、小学5年生~中学1年生

18:00~19:30 男女合同、中学2年生~20歳


<受講料>

¥18,000(税込)


<場所>

東京バレエ学校 新館 (東京都目黒区目黒4-26-4)

http://thetokyoballetschool.com/school/access/access.html


<お申込方法>

メールでのお申込みのみとなります。

メールアドレス: school@nbs.or.jp

件名を『小池ミモザ講習会申込み』 としていただき、下記項目をお知らせください。

①お名前 ②電話番号 ③郵便番号・住所 ④メールアドレス ⑤年齢・学年 ⑥バレエ歴

※お申込み後7日以内にお支払方法等詳細のご連絡を致します。

※定員になり次第受付を終了致します。



■お問い合わせ 東京バレエ学校事務局 TEL:03-3791-7000(平日10:00-18:00)まで

サテライト.jpg

第5回めぐろバレエ祭りサテライト企画の東京バレエ団スタジオ・オープンディが8/2(水)に決定致しました。

イベント内容やお申込み方法などの詳細は下記からご確認下さい。

THE TOKYO BALLET OPEN DAY 詳細はこちら>>

大人のためのクラスに新しいクラスが出来ました。

その名も"フロアバー"。

バーでの動きをフロア(床)で行うエクササイズのクラスです。

バレエをやったことがない方やインナーマッスルを鍛えたい方におすすめのクラス。

3月からスタートしましたので、是非ご参加ください♪

■開催日時

3月1日(木)、15日(木)、29日(木) 20:00~21:00

■受講料

1,800円(1回券)、7,500円(5回券)

※5回券はストレッチ・クラスと兼用出来ます。

■レッスン風景

20170301_210715_s.jpg

東京バレエ学校の海外研修生制度で9月からワガノワ・バレエ・アカデミーで学んでいる

3名の記事を公開致しました。

この記事は3名の日々の報告に基づき編集したものです。

これから不定期で更新をしていく予定です。

ロシア、サンクトペテルブルクの名門ワガノワ・バレエ学校の主催により10年ぶりに開催された第7回ワガノワ国際バレエコンクール(会期10/23~27)に、東京バレエ学校Sクラス海外研修制度によりワガノワ・バレエ学校に留学中の吉江絵璃奈が出場し、女子ジュニア部門で2位に入賞しました。またイリーナ・コルパコワ審査委員長をはじめとする7人の審査員の一人として、東京バレエ団芸術監督の斎藤友佳理が参加しました。

ワガノワ①.jpg

入賞した吉江絵璃奈と斎藤友佳理、吉江が師事するユリア・カゼンコバ。
 

 吉江絵璃奈は2016年9月からワガノワ・バレエ学校の7年生クラスに編入し、ユリア・カゼンコバに師事。エルミタージュ劇場で行われたコンクールでは、決選で「海賊」オダリスクの第3ヴァリエーションと「ディアナとアクティオン」のヴァリエーションを踊り、見事に入賞。29日にマリインスキー劇場に会場を移して行われた入賞者たちによるガラ公演では「ディアナとアクティオン」を披露しました。

ワガノワ②.jpg



審査員を務めた斎藤によると、「今回のコンクールは、ワガノワ・バレエ学校の校長を務めるニコライ・ツィスカリーゼが、バレエ学校の再出発を目指して取り組み、出場者55名と小規模ながらもレベルはとても高かった。また審査では、ロシア人やワガノワ・バレエ学校の生徒が優先的に選ばれるということがいっさいありませんでした。たいへんフェアなコンクールだと感じました。1次審査はクラスレッスンで、ワガノワが残したとされるコンビネーションが用いられ、しっかりとしたバレエの基礎教育を受けているかどうかが問われました。2次に進んだ約半分の出場者はいずれもハイレベルでした」。入賞した吉江については、「今回のコンクールでワガノワの振付(「ディアナとアクティオン」)を踊ったのは彼女だけ。立派に踊ってくれて嬉しく思いました」と語りました。


吉江絵璃奈は、「エルミタージュでの二次審査はとても緊張しましたが、他の出場者が励ましてくれたり、いい雰囲気のなかで踊ることができました。東京バレエ学校の研修制度で留学したことで、たくさんの貴重な経験ができて感謝しています。ガラ公演を憧れのマリンイスキー劇場で踊れたことは一生の思い出です。あの大きな舞台で大勢のお客さまが見ているなか踊ることができたのは本当に幸せでした。シニアの部で入賞したエレオノーラ・セヴェナルドの『黒鳥のパ・ド・ドゥ』やスービン・リーの『ジゼル』はオーラもあり、引き込まれる踊りだなと思ったので、私もあんな踊りが出来るようこれから頑張りたい!」と感想を語りました。

海外研修制度でワガノワ・バレエ学校に留学している吉江絵璃奈が、

第7回ワガノワ国際バレエコンクールにてジュニア部門2位に入賞致しました。

ワガノワで学び、1年後に成長した姿をみなさんにお見せできることを祈って。
ダ スヴィダーニャ!(さようなら、また会う日まで)

 8月19日に行われた東京バレエ学校 スクール・パフォーマンスの舞台で「人形の精」のパ・ド・トロワを披露した生徒3人。この秋からロシアの名門校ワガノワ・バレエ・アカデミーへ留学し10か月間の海外研修を送ります。

この夏、一時帰国していた第一期生の南江生は2年目のワガノワ生活がはじまり、江絵璃奈と山下湧吾の2人は初めてのバレエ留学がはじまります。

20160901-01.jpg左から南江生、山下湧吾、ニコライ・フョードルフ氏、江絵璃奈



 出発を目前にした今日、「人形の精」の本番2週間前から3人をつききりで指導してきたニコライ・フョードルフ氏が東京バレエ学校を訪れ、特別レッスンを行いました。今日のレッスンでニコライ先生が伝えたのはバレエのテクニックよりも心。ロシアバレエの厳しさとすばらしさを熱心に語りかけました。

 3人の研修生を送り出すにあたり、(公財)日本舞台芸術振興会にいただいたみなさまからのご寄附を一部使わせていただきました。ご寄附いただいたみなさまにこの場をかりて心よりお礼申しあげます。

 成長した3人が帰国し、みなさまによりすばらしいパフォーマンスをお見せできる機会をどうぞ、お楽しみにお待ちください。

いよいよ明日、8月18日(木)に東京バレエ学校のスクール・パフォーマンスが開催されます。

今回のパフォーマンスでは、海外研修生3名による"パ・ド・トロワ"(『人形の精』より)を上演いたします。

ロシアの名門「ワガノワ・バレエ・アカデミー」での研修を終えて帰国した1期生と、
9月から同校への留学が決まった2名がともにリハーサルに取り組みました。

『人形の精』の上演にあたり、当演目のリハーサル指導をしていただいた
ニコライ・フョードロフ氏(元ボリジョイ・バレエ プリンシパル、バレエ・プロデューサー)による解説をご紹介いたします。
ぜひご一読ください。

留学生 ©入り.jpg



作品解説はこちらからお読みいただけます>>>

東京バレエ団では、この夏第4回をむかえる<めぐろバレエ祭り>のサテライト企画として、東京バレエ団の施設内部を公開するスタジオ・オープン・DAYを開催いたします。
ふだん、団員が練習に使用しているスタジオのほか、リハーサル風景やクラスレッスンの見学会も開催します。また、元モーリス・ベジャール・バレエ団員の小林十市さんの指導で東京バレエ団のレパートリーの一部を体験していただくリハーサル体験会もあります。

ダンサーを目指している方、日ごろから東京バレエ団の活動にご協力いただいている方、バレエ大好きという方、みなさんふるってご参加ください。

※応募者多数の場合は抽選を行い、参加していただく方にはこちらから入場券をお送りいたします。

詳細はこちらから


めぐろバレエ祭り 海外研修制度 2016年度のクラス編成 東京バレエ学校 入校に関するQ&A
東京バレエ団 NBS日本舞台芸術振興会